歩くことがしんどく感じてきた方々へ|東住吉区湯里でもみほぐしマッサージならリラクゼーション匠へ。針中野駅から徒歩3分で23時まで受付可。

東住吉区湯里でもみほぐしマッサージならリラクゼーション匠へ

針中野駅から徒歩3分 毎日23時まで受け付け

0671656833 10:00~23:30 ※最終受付23:00
[定休日]月曜日

お問い合わせ

お知らせ

歩くことがしんどく感じてきた方々へ

お知らせ

2018.08.31

膝は動かさないと、硬くなります。

そのため、年齢を重ね、運動量が減少すると、

より硬くなってしまいます。

 

しかし、年をとっていても、膝を動かすことによって、

膝の柔軟性を取り戻すことは可能です。

ですから、あきらめないで、

膝を積極的に動かすようにしましょう。

 

膝の調子が悪いと、歩くと痛い、階段の上り下りが辛い、

膝がぐらつく、膝が伸びないなどの症状があらわれます。

そうすると、膝をかばうため、ますます動かさなくなり、

動かさないと膝が曲げられなくなったり、

伸ばせなくなったりと、悪循環に陥ります。

それを防ぐためには、ストレッチを行うことをお勧めします。

ストレッチを継続すると、膝の可動域が広がります。

その時、急に伸ばしてしまうと、切れてしまう恐れがあるので、

ゆっくりのばすことを心がけましょう。

 

そして、膝の調子を良くするためには、

膝と関連のある太ももの筋力アップをすることも必要です。

 

■大腿四頭筋

 
➀壁に手をついて、体を支えながら片足で立ちます。

②床についていないほうの足を手で引っ張りながら後ろに曲げます。

③そのまま、大腿四頭筋を伸ばします。
 

■ハムストリングス

 
➀立った姿勢から、軽く膝を曲げます。

②その状態で、上体を前に倒していきます。
 
そうすると、大腿部の裏側を伸ばすことができます。

そして、歩行習慣をつけ、筋力をつけましょう。

このようなことに気を配ると、膝の運動ができ、

健康を維持することが可能です。

 

また運動した後はしっかり疲れを取ることも大事です。

匠では運動やお仕事での疲れを和らげるためにしっかりマッサージを行い、

皆さまの健康やリラクゼーションのサポートができるように一生懸命営業しております。

ページトップへ

お問い合わせは
お気軽に
お問い合わせはお気軽に

営業時間|10:00~23:30※最終受付23:00
定休日|月曜日

お問い合わせ